FolkSong@RAG
民謡・童謡・唱歌をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|62,990 view

夏の歌。童謡・民謡・わらべうた。たのしい夏の手遊び歌

じめじめとした梅雨が過ぎれば夏本番!

この記事では、夏の楽しさをつめこんだ夏の童謡を紹介します。

子供たちが喜ぶ歌を中心に、保育園・幼稚園で定番の夏の手遊び歌も集めました。

童謡を聴けば待ち遠しい夏がもっと楽しみになりますし、手遊び歌は小さな子でも楽しめるので、参考にしてぜひ遊んでみてください。

最近は猛暑日が多く熱中症対策は必須!外遊びの時の帽子は忘れずに。

童謡の中には、聴いているだけですすしい気分になる曲もありますよ♪

もくじ

夏の歌。童謡・民謡・わらべうた。たのしい夏の手遊び歌

作詞:林柳波/作曲:井上武士

1941年に発表された曲です。

海はどういうイメージかな?海ってどんなところ?と、大きな大きな海を想像して親子で楽しめる曲です。

大人は懐かしい気持ちになることまちがいなし!

ゆったりとしたリズムは広い海を連想させ、リラックスできますね。

花火作詞:井上赳/作曲:下総皖一

夏といえばなんでしょうか?

キャンプ、海、お祭り……、それらのどれにも似合う夏らいしものがあるのではないでしょうか?

花火です!

夏の風物詩ともいえる花火を題材にしたこの曲は1941年から日本のみなさんに愛される童謡です。

空いっぱいに広がる花火を星と表現したこの曲は、お子さんから大人まで耳なじみのいい1曲です。

おばけなんてないさ作詞:まき みのり/作曲:峯 陽

夏といえば、怪談・お化けの季節です。

この曲は、作詞:槇みのり、作曲:峯陽による日本の童謡で、弘田三枝子の歌により1966年にNHKの番組「みんなのうた」で放送されました。

2015年には木村カエラがカバーし、2016年の保育士実技試験課題曲に取り上げられたという、いまでも現役で使われている童謡のひとつです。

アイスクリームのうた作詞:さとうよしみ/作曲:服部公一

「アイスクリームのうた」は、作詞:さとうよしみ、作曲:服部公一の日本の童謡です。

もともとは1960年、ラジオ番組の「ABC子供の歌」のために書き下ろされた曲で、1962年にはNHKの「みんなのうた」で放送され、有名になりました。

アイスクリームの歌だけあって、アイスクリームのコマーシャルソングとして使われたこともあります。

ホ!ホ!ホ!作詞:伊藤アキラ/作曲:越部信義

自然に頭に残るメロディやくり返し出てくるフレーズがとても印象的な童謡です。

簡単な歌詞なので子供も覚えやすく一緒に歌って楽しむのはもちろん、オリジナルの振り付けをつけてゆらゆらと楽しく親子で触れ合えます。

たなばたさま作詞:権藤はなよ・林柳波/作曲:下総皖一

七夕の季節になるとよく耳にするなじみのある曲です。

1941年に文部省発行の「うたのほん 下」に掲載されました。

歌詞の文末に似た音をくり返してあることでリズム感や流動感が生まれています。

子供と一緒に歌って夜空を見上げるのもすてきですね。

あめふり作詞:北原白秋/作曲:中山晋平

「あめふり」はタイトルがピンと来なくとも、曲を聴くとどなたでもすぐに歌えてしまうのではないでしょうか?

本当はブルーな気分の雨の日も楽しくなってしまいそうな曲ですよね。

とくにピチャピチャという雨音を表現した部分は印象的ですよね。

ですが実は作詞をした北原白秋はこの曲に、悲しい物語を込めているようです。

気になった方は5番まで歌詞をよく聴いてみてくださいね。

くじらのとけい作詞:関和男/作曲:渋谷毅

くじらと9時のかけ合わせがおもしろい童謡です。

海を連想させて夏にぴったりです。

いろいろな動物が出てくるので子供と時間を聴きあって楽しく遊べます。

聴いているとわくわくしてくるノリノリのリズムもとても楽しめますね。

あめふりくまのこ作詞:鶴見正夫/作曲:湯山昭

この曲は1962年にNHKで放送された童謡です。

大人のクマは迫力がありますが、子供のクマはコロコロとしてキュートですよね。

この曲はそんな子供のクマが雨の日に小川にやってきて、水を救って飲んだり、魚が来ないかとずっと小川を眺めている様子が歌われます。

なかなか魚が来ないので、葉っぱを傘にしてみたりと頑張る姿が愛らしいです!

とんでったバナナ作詞:片岡輝/作曲:桜井順

ストーリーがおもしろい童謡です。

バナナはどうなっちゃうの?と、ちょっとずつ歌い進めながら歌詞を元にいろいろな遊びへ展開することができて楽しく歌えます。

軽快なリズムとくり返されるフレーズが印象的で、思わず口ずさんでしまいます。

おすすめの記事あわせて読みたい