FolkSong@RAG
民謡・童謡・唱歌をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

星を歌った名曲。おすすめの人気曲

古来より人々は満天の夜空を眺めながら、星座にさまざまな想いを馳せてきました。

そんな星降る夜に聴きたくなる数々の名曲の中から、スタジオスタッフがおすすめする星の歌、星をテーマにした人気曲をご紹介します。

あの澄み渡る夜空のような、壮大でロマンあふれるプレイリストです。

もくじ

星を歌った名曲。おすすめの人気曲

今宵の月のようにエレファントカシマシ

メロディと歌声がぴったりとはまっており、こんなにも哀愁がただよう曲が他にあるでしょうか?

ドラマ「月の輝く夜だから」の主題歌に起用されました。

何年たっても愛され続けている名曲です。

また、エレカシの認知度を上げた楽曲でもあります。

花火aiko

大人気アーティスト、aikoの楽曲です。

歌のタイトルは「花火」ですが、サビで星座についての歌詞が出てきます。

女性らしい恋心を歌っていて、胸がぎゅっと締めつけられます。

夏の夜空を見上げながら聴きたいラブソングですね。

君の知らない物語supercell

アニメ「化物語」主題歌。

サビに向かってアップテンポで進んでいきます。

2人で星空について話している様子が頭に浮かんできて、ドキドキしますね。

好きな人への気持ちをなかなか言えない女の子の、淡い恋心を歌っています。

天体観測BUMP OF CHICKEN

イントロだけでもタイトルが分かるのでは?

ロックバンド、BUNP OF CHICKENが有名になったきっかけの1曲です。

青春時代の恋愛を思い出す、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カラオケ人気の高い楽曲でもあります。

You’re My Only Shinin’ Star中山美穂

目まぐるしく過ぎる時間の中で、身近にいながらにしてその大切さに気づかなかった2人が、その恋心に気づいて思いを告げる。

そんな世界観のこの曲は、人気絶頂の中山美穂による搾り出すような歌唱がよくハマり、ファンたちを魅了しました。

月のしずく柴咲コウ

映画「黄泉がえり」の主題歌です。

柴咲コウの歌声は芯がしっかりしているのが魅力的ですね。

美しい日本語の歌詞が歌声とマッチしていて、思わず聴きほれてしまいます。

また、映画の内容ともすごく合っていて感動できます。

星の夜リリィノート

ありふれた日常にこそ大切な時間が詰まっていることに、あたらめて気づかせてくれる曲です。

一緒に星を見る描写を引き合いに、男女の思考回路の違いを表現しつつ、何気ない一言に感動する男の純情を描いています。

四つ打ちのリズムが気持ち良いですね。

夜明けの流星群SCANDAL

映画「ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー」の主題歌として使用されたこの曲は、仲間との絆を歌っています。

4人の女性メンバーが楽しそうに演奏する姿が印象的なMVも、そんな世界観にマッチしていますね。

Swinging on a starBing Crosby

アカデミー賞も受賞したアメリカ映画「我が道を往く」の主題歌で、主演のビング・クロスビーが歌っています。

優しいリズムが聴いていて気持ち良いですね。

フランク・シナトラによるカバーも捨てがたいのですが、ここではオリジナルバージョンをご紹介。

ORION中島美嘉

ドラマ「流星の絆」の劇中歌になっていた曲です。

ドラマの内容を歌詞に反映していて、人を愛する素晴らしさを知って涙を流す、という内容の曲です。

強がっている人の心に、そんなに頑張らなくていいんだよ、と言われているようで、すーっと染み込む曲です。

見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~ゆず

日本生命CMソングに起用された楽曲です。

有名な坂本九の曲をゆずが歌詞を加えカバーしました。

原曲ももちろんステキですが、こちらも力強くてさすがとしか言いようがない1曲です。

歌詞に共感できる曲が増えることはうれしいですね。

Moon Crying倖田來未

R&Bシンガー、倖田來未の曲の中でも有名な失恋バラードです。

思いっきり泣きたい時にはおすすめです。

カラオケでもよく歌われる人気のある曲です。

2008年にリリースされた40枚目のシングル「MOON」に収録されています。

流星とバラード東京スカパラダイスオーケストラ

奥田民生がボーカルを担当したファンにはたまらない1曲。

男が悩み、苦悩を抱えながらも前に進む心情をスカパラダイスオーケストラの独特なスカ曲調に乗せて歌っています。

スカパラには星にまつわる歌も多いのでぜひ聴いてみることをおすすめします。

星の数だけ抱きしめてMAY’S

身近な異性に対し、自分の中に芽生え始めた恋のドキドキ感に気づきながらも、臆病でまだ相手に伝えられずにいる…。

そんな甘酸っぱい時間を切なく描写したこの曲は、高鳴る恋心をおさえられずに自分を信じる決心をする、前向きな言葉で締めくくられます。

瞬く星の下でポルノグラフィティ

不完全で不安定な世の中で、人を信じることが軽視されがちな時代に警鐘を鳴らすような曲です。

疑い続けるだけじゃ幸せにはたどりつかないということや、信じる気持ちさえあればどこにいようと温かい気持ちは宿せる、ということに気づかせてくれます。

谷村真司

昴とはおうし座にある1つの星の名前です。

どんなに悩み、暗い道を進んでいたとしても必ず導いてくれる光があることを歌っています。

最近この曲をテレビなどであまり聴かなくなりましたが、雄大な曲調と力強い歌唱力、日本語の美しさを感じる歌詞、響きがとてもきれいな曲です。

スターライトパレードSEKAI NO OWARI

SEKAINO OWARIの不思議な世界観が存分に味わえる、ステキな楽曲です。

1度聴くと耳に残るアップテンポな曲で、年齢や男女問わずおすすめできます。

MVも見ていて飽きませんね。

キラキラしたサウンドが夏の夜にぴったりではないでしょうか。

星降る夜に東京スカパラダイスオーケストラ

スカパラの曲ですが、歌唱はゲストボーカルの甲本ヒロトです。

スカなので、それだけで「ザ・夏!」といった雰囲気です。

学園祭の後夜祭あたりで、キャンプファイヤーを囲みつつ、肩を組んで大合唱したい楽曲でもあります。

星のない世界aiko

好きな人に自分の思いがうまく伝わってるか不安になること、みなさんにもあるのではないでしょうか。

相手の存在を大き過ぎるからこそ、なぜだか切なくなってしまう恋心。

そんな思いを吹き飛ばしてみせるという、決意を歌った楽曲です。

星のかけらを探しに行こう Agein福耳

杏子、山崎まさよし、スガシカオが結成したユニット、福耳。

杏子のハスキーボイスと優しい曲調が特徴的な楽曲です。

もう一度恋をしようというストレートなフレーズが耳に残ります。

もともとは杏子のソロシングルとして1995年にリリースされた曲です。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます