FolkSong@RAG
民謡・童謡・唱歌をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

桜咲く春の恋愛ソングの名曲。おすすめの人気ラブソング

春といえば、出会いと別れの季節。

始まる恋もあれば、静かに終わる恋もあります。

この記事では、そんなさまざまな恋を描いた春にオススメの恋愛ソングを紹介します。

最新曲はもちろん、名曲と呼ばれるヒットソングも選曲!

「最新の春ソングは?」、「あの名曲がもう一度聴きたい」、「泣ける春ソングを知りたい」そんなあなたにオススメです。

カラオケソングとしてもオススメなので、最新の春ソングを覚えて新しくできた友達とも楽しんでみてくださいね!

桜咲く春の恋愛ソングの名曲。おすすめの人気ラブソング

花びらたちのマーチAimer

けやき坂46の佐々木美玲さんが主演を務める青春映画の主題歌です。

佐々木さんがAimerの大ファンであることも公言されていますよね。

卒業シーズンや春の旅立ちにぴったりで大人も昔を思い出して胸がキュンとする、そんな一曲です。

蜜の月- for the film –SEKAI NO OWARI

永野芽郁さん主演の映画「君は月夜に光り輝く」の主題歌でもあるこの曲はSEKAI NO OWARIの2019年リリース「Lip」収録されている曲を映画の世界観にリンクするようにアレンジされています。

ストーリーに沿った、切なさたっぷりのラブバラードです。

春雷米津玄師

米津玄師の4枚目のオリジナルアルバム「BOOTLEG」収録曲。

「春雷」とは3月から5月ごろに発生する雷です。

この曲の歌詞は恋を雷に例えていると思われます。

一瞬で落ちる恋心。

恋に落ちたことで発生した切ない感情を米津玄師らしい詩的な表現と曲調で表現しています。

楽曲に使用しているシンセサイザーの音も軽快で春を感じるような印象です。

名もなき詩Mr.Children

Mr.Children10枚目のシングルにしてダブルミリオンを獲得した名曲です。

愛のかたちを歌った曲で愛とは何なのかということを深く考えさせられます。

一見、純愛を歌っているように聴こえますが、何度も聴くうちに愛の難しさ、悲しさや切なさの感情のほうが強くなっていきます。

さくら森山直太朗

2003年に発売された森山直太朗の2枚目のシングル。

この曲でブレイクし、今では春の定番ソングとなりましたね。

もともとは森山直太朗の友人の結婚をきっかけに作られた曲ですが、さまざまなシーンでたくさんのひとの心を打つ曲です。

星野源

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌となった非常に有名な曲です。

みなさんもご存じなのではないでしょうか?

シンプルなタイトルな裏にはさまざまな視点から恋について描かれています。

ポップでオシャレな曲調は春にピッタリだと思います!

花になれflumpool

「花になれ」はflumpoolのメジャーデビューの配信限定とされたシングル。

au KDDI「LISMO」「PAINT IT MUSIC!」CMのキャンペーンソング。

今の自分を見つめ直して、一瞬でも輝きたい、そんな思いが伝わってくる曲。

好きな人にならなおさら、ほこれる自分でありたいですよね。

オリオンをなぞるUNISON SQUARE GARDEN

アニメ「TIGER & BUNNY」のオープニングテーマとして起用されたUNISON SQUARE GARDEN5枚目のシングル。

間接的に恋愛を表現されていて、切なさや情景を多種多様なフレーズで表しています。

とても深い1曲です。

Spring of LifePerfume

Perfumeの15枚目のシングル。

ユニバーサルミュージックへの移籍後の1枚目のシングルです。

春に前向きに前進しようとする女の子の気持ち歌った楽曲ですね。

曲調もキャッチーなメロディーでアップテンポですが、ミュージックビデオでロボットを演じるPerfumeの行く末を見守ると印象が変わる楽曲でもあります。

にじいろ絢香

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌として書き下ろされた楽曲。

春は出会いの季節。

新しい環境での生活に、もしかしたらはじまる恋もあるかもしれませんね。

明るい気持ちになるサビのメロディーに、包み込んでくれるような歌詞。

聴けばきっと誰かと寄り添いたくなるはず。

CHE.R.RYYUI

2007年に発売された、YUIの8枚目のシングル。

キャッチコピーは「甘酸っぱい果実のような春のうた」。

女性なら一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

メールに異性への思いを託す女性の心情が歌われていて、曲調もとてもかわいらしいです。

春にぴったりですよね。

桜の時aiko

カルピス乳酸菌飲料「カルピスウォーター」のCMソングで、2000年に発売されたaikoのメジャー通算5作目のシングル曲。

aikoが歌う恋愛ソングは人気が高く、共感する女性も多いですよね。

この曲を大切な人と聴いてみてください。

一緒にいるすばらしさを感じることができます。

秦基博

2007年6月6日にリリースされた秦基博2枚目のシングル曲です。

歌詞にあるとおり、自分を魚に比喩したフレーズがあったり、純愛を強く表現された曲です。

まっすぐで素直な思いをつづった歌詞はこの曲を聴くたびに背中を押してくれます。

春を待ちわびてGReeeeN

GReeeeNはファンの間でも「隠れた名曲」が多いと言われています。

この曲も2012年発売のシングル「ミセナイナミダハ、きっといつか」のカップリング曲で隠れた名曲と呼ばれています。

出会いや別れを思うと切なくなる、桜の季節にぴったりなラブソングです。

SAKURAドロップス宇多田ヒカル

2002年にリリースされた、宇多田ヒカルの11thシングル。

TBS系テレビドラマ「First Love」主題歌にもなっている曲で、感情と理性のはざまで揺れ動くような歌詞が印象的です。

人生は恋だけじゃありませんが、恋をしているときって、すべてがそれに左右されることもありますよね……。

SAKURAいきものがかり

いきものがかりのデビューシングルで2006年にリリースされました。

春と言えば桜を題材にする歌が数多く存在する中で、歌詞を何度も考え直したというだけあって春らしい美しい曲に仕上がっています。

それにしても桜を歌う曲は少し切ない印象になるような気がしますね。

サクラミツツキSPYAIR

2013年にリリースされたSPYAIR10枚目のシングル曲で、アニメ「銀魂」のオープニング曲となった歌です。

「桜・月・約束」をテーマに歌われたラブソングで、アニメの内容ともリンクしています。

SPYAIRらしいキャッチーなメロディーでさまざまな人に人気のあるこの曲は、チャート成績でも数多くのランキングインをしています。

コブクロ

2005年に発売されたコブクロの12枚目のシングルで、フジテレビ系ドラマ「Ns’あおい」の主題歌。

高校の国語の教科書にも掲載された、桜ソングのひとつとなっている名曲です。

人によってさまざまな解釈がありますが、誰かを思うこの曲は、互いを思い合う恋人たちにもピッタリです。

春~spring~Hysteric Blue

Hysteric Blueが一躍有名になったこの「春〜spring〜」は1999年にリリースされ数ある春ソングの代表曲となりました。

春の出会いと別れを歌っていますがHysteric Blueのポップな部分もほどよく出ている、青春感たっぷりの春ソングです。

春風Rihwa

2014年にリリースされたこの曲はドラマ主題歌でもありました。

歌詞の中に自然の景色、季節の移り変わりなどがちりばめられていて切ない胸の内をきれいにまとめてある一曲だと思います。

Rihwaの透き通るような歌声も切なさを引き立てています。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます