FolkSong@RAG
民謡・童謡・唱歌をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|29,339 view

6月の童謡・民謡・わらべうた。楽しい梅雨の手遊び歌

夏が待ち遠しい梅雨の季節。

雨が続くとてるてる坊主を作って「天気になあれ」とお願いしている子も多いですよね。

この記事ではそんな梅雨の季節である6月の童謡・手遊び歌を紹介します。

梅雨の季節にぴったりの「かたつむり」などの有名な童謡から、保育園・幼稚園で子供たちに人気の手遊びをまとめました。

雨の日だからこそ楽しめる歌や手遊びがいっぱいです。

親子や友達と一緒に歌って遊んでみてくださいね。

雨の日も視点を変えて楽しい1日にしましょう!

6月の童謡・民謡・わらべうた。楽しい梅雨の手遊び歌

あめふりくまのこ

NHKの「おかあさんといっしょ」の前身番組であった「うたのえほん」で初めて放送されたこの歌は、梅雨の時期に幼稚園や保育園でよく歌われる曲の一つです。

内容は雨が降ってできた水たまりを、川だと思った小熊さんが、魚が来ないかなと待っている歌です。

小熊の姿がイメージできるようなとてもかわいらしい歌詞の内容です。

かたつむり

雨の日に思い浮かぶ虫と言えば、「かたつむり」がいますよね。

そんなかたつむりが主役の手遊びです。

いろんな呼び方があって、「でんでんむし」や「マイマイ」ともよばれることがありますね。

この歌ではそんなかわいいかたつむりになりきって、元気に踊りながら歌ってみましょう!

かたつむり特有のたいけいやしょっかくなどの振り付けが特徴的です。

あめふり

子供の頃には、雨が降ったりしても何だか楽しい気分になったりしたことはありませんか?

大人になってからは気分が沈むことが多いかもしれませんが……雨だからできる遊び歌もたまにはいいかもと思わせてくれる楽しい内容です。

短いストーリーの歌の終わりは必ず雨の音と楽しい気持ちを言葉に表して歌うかしょがあるのですが、親子で一緒に歌うと気分もより楽しくなりそうですね。

とけいのうた

梅雨にとけい?と思われるかもしれませんが、6月10日は「時の記念日」という日なのはご存じでしたでしょうか?

日本初めての時計が時を刻み、そして鐘を打った日。

それが6月10日だったと言います。

時計の動きと現実の世界の流れを楽しく歌っていますね。

ドレミの歌

みんなおなじみ「ドレミの歌」!

実は6月に縁ある歌なのはご存じでしたでしょうか?

11世紀の初頭、6月24日にイタリアの音楽教師グイード・ダレッツォが、音階とそれを記録する楽譜の原型を作ったとされた日が記念となっているそうです。

ドレミもそれぞれ替え歌としてアレンジしてみてもより楽しそうですね。

かえるの合唱

なじみあるメロディーが特徴的な「かえるの合唱」。

メロディー元は「ドイツ民謡」といわれていますね。

歌は最初から「輪唱」を誘うようなリズムから続いていき、どんどん盛り上げていく構成。

まさに「かえる」が増えていき大合唱をしているかのようなイメージ。

みんなで歌い上げるというところに注目しながら遊ぶと楽しく歌えそうですね。

てるてる坊主

日本の昔からの習わしで雨が降りそうな時には、翌日の晴天を願ってよく「てるてる坊主」を作ったりしたものです。

そんな「てるてる坊主」にちなんだ手遊び歌です。

天気を願う歌詞のフレーズには一部輪唱できるところもあるので、身振り手振りを交えるとより楽しくなりそうですね!

あめのひドキドキ

6月は梅雨のシーズンでもあるので、雨にまつわる曲を探している人は多いんじゃないでしょうか。

そんなアナタには、こちら「あめのひドキドキ」をオススメします。

子供たちに大人気のテレビ番組「おかあさんといっしょ」の曲なので、子供たちも大喜びしてくれることまちがいなし。

雨の日でも歌で楽しく過ごしてみてくださいね。

かみなりどんがやってきた

子供の時にはとても怖いと思っていた「カミナリ」。

ゴロゴロと鳴ったらおへそを取られると言われてますが、音だけでもやはり怖いですよね……そんなカミナリの手遊び歌です。

この歌を歌えばカミナリも少しは怖くなくなるかも!

かわいいコックさん

6月は雨が多い季節なので室内で楽しめる歌を探している人は多いんじゃないでしょうか。

そんなアナタにはこちら「かわいいコックさん」がオススメです。

こちらはかわいらしいコックさんの絵描き歌になっており、誰でも簡単に絵が描けるようになるので、子供たちが楽しむのにぴったり。

皆で絵描き歌をして、雨の日も楽しく過ごしましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい